じわじわと人気が出てきているローソファー、自分の家にも置いてみようかなと考たことのある人も多いのではないでしょうか?ここではそんな方に役立つ、ローソファーの種類や特徴、選ぶ時の注意点などをお伝えしようと思います。

コーナー型ローソファーの特徴

ローソファとは重心の低いソファの総称です。重心が低いことで安定感があり、座ったときの落ち着きがいいのが特徴です。また、欧米人に比べて背の低い日本人にとっては大変使いやすいソファであり、小柄な女性に…

More Information

ハイバック型ローソファーの特徴

ローソファ―は、その言葉通り、お尻を乗せる部分である座面が低い位置にあるソファーのことを指します。ローテーブルと組み合わせて使うことができ、床に近いため、くつろぎやすいのが特徴でもあります。高さが…

More Information

こたつ対応型ローソファーの特徴

日本の寒い冬にはこたつが手放せませんね。以前はこたつとソファーの相性はあまり良くなく、どちらかを選ぶためには、こたつまたはソファーのどちらかを諦める必要がありました。しかしながら、ローソファーの登…

More Information
>

ごろ寝ができて便利なローソファー

ローソファーを選ぶ際気を付けたいこと

ダメージに強いローソファーを選ぶ

ローソファーは文字通り低めのソファーであり、リビングに圧迫感を与えないのかメリットです。家族団らんの場所に置きやすく、普通の物に比べて低めなので老若男女問わず座りやすいです。その反面、小さな子どもやペットもまた腰かけやすく、そこを遊び場にしてしまう事もしばしばです。クレヨンや粘土などを片手に幼児がローソファーに腰かければ、思わぬところに汚れが付着します。ペットもまた同様で、犬や猫を室内で飼育していると、ローソファーに上る事が多いです。ペットの抜け毛やよだれやペットフードのカスなどがローソファーに付着する恐れがあります。猫や犬がローソファーに座ると、自然と牙で表面を噛んだり爪でひじ掛けなどを傷付ける可能性が高いです。 ローソファーは気軽に誰でも腰かけられる反面、ダメージを負いやすい家具です。そのためペットや幼児がいる家庭では、汚れや傷に強い素材の物やお手入れが楽なタイプを選ばなければいけません。ペットの牙や爪で壊され難い耐久性が強いタイプなら、安心してペットと一緒にリビングで寛げます。クレヨンやお菓子のカスなどが万が一付着しても、簡単に汚れが落とせる素材のローソファーなら、子どもの動きに対して神経質にならずに済みます。

リビングの雰囲気に合う色やデザインを選ぶ

同じローソファーでも本体の色によって印象は大きく変わります。シックでモダンな印象のリビングルームなら、モノトーン調のローソファーが似合います。元々リビングに置かれているインテリア雑貨や家具がモノトーン調なら、そこに合うグレーやブラック、オフホワイトの製品が最適です。反対にシックなリビングにパステルカラーの物を置いたり、発色の良いピンクや蛍光色の物を設置すると、周囲からローソファーが浮いてしまいます。大人の男女がまったりと寛げる空間を構築するなら、革張りの高級感あふれるブラック、ホワイトカラーのアイテムが正解です。 子どもたちやペットと楽しく穏やかに一家団欒を楽しみたい、という場合はポップなカラーのローソファーを選びましょう。幼い子どもたちがいる家庭であれば、リビングルームの雰囲気もカジュアルなはずです。周囲の明るいイメージのインテリア雑貨に合わせるように、ローソファーの色や素材もポップな物にしなければなりません。具体的にはオレンジやライトグリーンや明るいブルーカラーなどのローソファーがオススメです。フェミニンな雰囲気を意識するならハートが意匠になった物や花柄やピンクカラーのデザインにしてみましょう。

© Copyright The Types Of Low Sofa. All Rights Reserved.