ローソファーのメリット

床に近いのでリラックスしやすく安心

ローソファーは、座面が低くなっているので、床との距離が近く安心感があります。ものを落としてしまってもすぐに拾えますし、普通のソファーに比べて足を投げ出して座るような状態になるので、布団で寝るような、まったりリラックスするのに適しています。また、背もたれも低めなものが多いので、枕代わりにして寝ることもできますし、うっかり寝返りを打ってしまうなどして落ちてしまっても、たいした高さではないためケガをする心配も少なく、小さな子どもやペットがいても安心です。 日本人は昔から、和室でちゃぶ台を囲むような、床に近い生活を送ってきている人が多いですが、そんな和の文化との相性が非常に良いのがこのローソファーです。生活スタイルとうまく調和させることで、心地よい空間を作り出すことができます。普通のソファーはローテーブルと合わせるには書き物をするときや食事をするときに高すぎて使いにくいですが、ローソファーはローテーブルとも高さを合わせやすいので、普段から低めのテーブルを使っている人は、よりズボラで快適な生活空間をプロデュースすることができます。座椅子や座布団とも近い、実家にいるような気持ちで過ごすことができるでしょう。

こたつと一緒に冬でも使える

寒い冬になると、普通のソファーを単独で使うことは少なくなるかもしれません。長い間座っていると肌寒い空気でだんだん体の芯が冷えていってしまいます。そんな体の冷えにも対抗できるものと言えば、やっぱりこたつですよね。でもこたつに入るとソファーには座れないし、逆にソファーに座るとだんだん寒くなってしまいます。暖まるか、もたれかかるかというジレンマに悩まされます。 そんなときにこのローソファーが大活躍します。背が低いローソファーはこたつとも合わせやすいので、ソファーをこたつにくっつけて体の半分くらいをこたつに入れることで、ぬくぬく暖まりながらソファーにもたれるという至福のひとときを過ごすことができます。背もたれ付きのこたつのような状態になるので、ただでさえ暖かくて快適なこたつがさらに居心地が良くなりいよいよ抜け出すことができなくなります。 各メーカーから、こたつに合わせたローソファーなども販売されているので、こたつに使う前提で囲み方やつなげ方を考えた上でローソファーを選んでみると、自分だけの極楽空間にまた一歩近づけられるでしょう。お仕事でお疲れの方は、こたつにローソファーの最強タッグに身を委ねてみてはいかがでしょうか。

高さのないフロアソファーは、子育て世帯に人気のソファーです。子どもが転げ落ちてもケガをしにくいほか、スタンダードタイプのソファーに比べて、お手頃価格のものが多く見られます。

© Copyright The Types Of Low Sofa. All Rights Reserved.